世田谷区 ローラースポーツ 連盟

世田谷区でインラインスケートを楽しもう!毎週土曜にインラインスケート教室やクラブを大蔵運動公園で開催


【初心者必見】初めてのインラインスケートは何を買えばいいの?

      2017/08/04


Share Button

教室クラブに参加される方から、よく聞かれるのが
「初心者にお勧めの靴(インラインスケートのブーツ)ってありますか?」
「これから買うんですけど、どんなのがいいですか?」
という質問です。

確かに、たくさんある中でどれを買ったらいいのか、何を基準に選べばいいのか、迷いますよね。今日は子供向け、大人向け、それぞれお勧めのブーツをご紹介します。

お勧めしません!トイスケート

先ず絶対にお勧めしないのが、トイザらスやオリンピックなどで
3,000円~5,000円くらいで売っているいわゆるトイスケートです。

見た目は可愛くて、値段も手ごろなので
「子供用だし、最初はこれで始めて、続けるようならちゃんとしたのを買えばいいかな?」
と思う気持ちはよく分かりますが、トイスケートはタイヤがプラスチック製なため、
どんなに練習してもつるつると空回りして、殆ど前に進みません

それでも頑張って滑っていると、上達するどころか足が痛くなって、
「ローラースケートって楽しそうだと思ったのに、なんか思ってたのと違う」
すぐやめてしまうお子さんが多いので、むしろ無駄な出費となる可能性が高いです。

このような理由から、トイスケートは本当にお勧めしません

初心者にはROLLERBLADE(ローラーブレード)、FILA、K2といったスポーツブランドがお勧めです。
それでは子供用・大人用、それぞれお勧めのブーツをご紹介します。

未就学児(幼児)~小学生(4才~12才)におすすめ

子供向けのブーツはSサイズなら18.5~21.5cm、Mサイズなら20.5~23.5cmのように、
ワンタッチでサイズを変えられるため、もし一度やらなくなってしまっても、
数年後にまた「やってみようか?」となったら、同じ靴がまだはけるので安心です。

  • ROLLERBLADE(ローラーブレード) COMET KR
    2017年春に出たばかり!1万円以下という破格のキッズ向けニューモデル。
    靴紐がちょうちょ結び不要なので、子供でも自分で脱ぎ履き可能。
  • FILA(フィラ) J-ONE COMBO 2 SET
    手首・ひじ・ひざのプロテクター付きで安心な初心者向けセット。
  • K2(ケーツー) MARLEE
    こちらも初心者向けエントリーモデル。
    お店によってプロテクターとセットで売っているものもあり、
    靴紐がちょうちょ結び不要な「MARLEE PRO」だと、MARLEEにプラス1000円くらいのお値段です。

中学生~大人(13才以上)におすすめ

「折角だから子供と一緒にやってみたい!」という親御さんには、こちらのブーツがお勧めです。大人も一緒にやることで、長続きするお子さんが多いですし、体幹も鍛えられて、いい運動になりますよ。

  • ROLLERBLADE RB 80
    コントロール性に優れたハードシェルタイプで、スキー経験者に特にお勧め。
    比較的幅広に作られているので、足幅が広い人にもお勧めです。
  • FILA HOUDINI
    こちらもハードシェルタイプですが、別売の90mmウィール(タイヤ)を取り付けることで、元の4輪から、最近流行の大径3輪スケートになる変わり種スケート。
  • K2 KINETIC 78
    お値段が手ごろで、色んなお店で取り扱っているため、気軽に始めたい方にお勧め。
    ソフトタイプなので、軽くて持ち運びも楽チン。

プロテクターやヘルメットはなくてもいい?

プロテクターやヘルメットまで付けるのはちょっと大げさ?と思われるかも知れませんが、特に始めたばかりの頃は本当によく転びますし、痛い思いをすると、それだけで滑るのが嫌になってしまうお子さんもいらっしゃいます。

ヘルメットやプロテクターがあるのとないのとでは、転んだ際の怪我の度合いもまったく異なりますので、子供も大人も、特に手首・ひじ・ひざのプロテクターは付けることを強くお勧めします。
真後ろにすてーんと転んで、後頭部を打つこともままありますので、ヘルメットも付けた方が安心です。

また仰向けに転んでお尻や尾てい骨を打つととても痛いため、
ヒッププロテクターがあるとさらに安心です。

プロテクターをしっかり付けておくことで、転ぶことが怖くなくなり、
結果として上達が早くなるという効果も期待できます。

 

自分にあったブーツを見つけたら、教室やクラブに参加してみよう!

ブーツも買って「さあ滑るぞ!」となったら、先ずは世田谷区インラインスケート教室の基礎クラス(500円/人)を受けてみることをお勧めします。

世田谷区と共催のこの教室は、JISSA(日本インラインスケートスラローム協会)の認定インストラクターが、基本の転び方や立ち方、滑り方から教えてくれるので、初めてのお子さんでも安心して参加できます。

また教室第3土曜のみの開催ですが、世田谷区インラインスケートクラブなら毎週土曜の午前に開催しています。クラブの体験参加は無料で、事前の申込も不要ですので、ぜひ気軽に参加してみましょう。

滑ることに少し慣れてきたら、ブーツの靴紐を好きな色に変えたり、ウィール(タイヤ)の色も変えたりして、自分好みの見た目にカスタマイズすることも出来ます。

自分にあった1足を見つけて、楽しいスケートライフを!

Share Button
The following two tabs change content below.
mochiko

mochiko

走るのも泳ぐのもスポーツ全般苦手だけど、インラインスケートだけはなぜか楽しい妙齢女子。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 - お知らせ